ファンケルとアテニアの違いとは?成分や毛穴への効果、一覧比較!どっちのクレンジングオイルを選ぶ?同じ会社なの?

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

2つの瓶に入ったオイル スキンケア

クレンジングオイルで、

ファンケルとアテニア

の違いって何?

アテニアとファンケルって同じ会社って本当?

そんな疑問を持つあなたは美容通ですね!

この記事は、そんなあなたにぴったりの内容になっています。

というのも、私は

  • 『ファンケルのマイルドクレンジングオイル』
  • 『アテニアのクレンジングオイル』

過去に何度も使ったことがあるだけでなく、

この2つの商品は、毎日メイクする私にとって、なくてはならない商品です。

特に、アテニアは40代を過ぎてから出会い、今も継続して愛用中。

ちなみに、今の私は、


アテニア クレンジングオイル派

です!

その理由は、記事の中で、実際に使った感想とともに紹介していきますね。

そこで今回の記事では、

  1. アテニアとファンケル
    会社の関係性や会社比較
  2. アテニアとファンケル、
    それぞれのクレンジングオイルの
    成分と特徴比較
  3. それぞれおすすめな人

についてまとめました。

この記事を読むと、、、

アテニアとファンケルの関係性がわかり、

クレンジングを選ぶ際の迷いがなくなります!

今回は、オイルクレンジングでお悩みのあなたに向けて、

40代の私の率直な意見をお届けします。

あなたの悩みの一つのヒントになれば嬉しいです!

アテニアとファンケルって同じ会社なの?会社比較

ビル街

アテニアとファンケルって同じ会社なの?

いいえ、同じ会社ではありませんが、正しくは、ファンケルグループにアテニアが属している位置づけのようです。

詳しく2社を比較していきましょう。

会社概要の比較

ファンケルとアテニアを、表で比較してみました。

会社概要ファンケルアテニア
住所横浜市中区山下町89-1横浜市中区山下町89-1
設立1981年8月18日1989年2月
代表島田 和幸保坂 嘉久
資本金10,795百万円1億5,000万円
事業内容化粧品・健康食品の研究開発、製造および販売化粧品および栄養補助食品の製造販売
備考主要株主 (株)ファンケル 100%

引用元:会社概要 | 会社情報 | FANCL ファンケル

引用元:アテニア – Wikipedia

こうして比較すると一目瞭然!

主要株主が100%ファンケルということで、アテニアは、ファンケルグループの一員だとわかります。

つまり、ファンケルグループの連結子会社という位置づけになるようです。

そして、どちらの会社においても、主力商品の一つに、クレンジングオイルがあります。

じゃあ、生産拠点は同じ工場なの?

そうそう、それが気になりますよね?

生産工場を調べたところ、ファンケルもアテニアもクレンジングオイルの生産拠点は別々です。

ファンケルマイルドクレンジングオイルは主に、「マイルドクレンジングオイル」専用生産工場 千葉工場(2020年3月稼働開始)

アテニア スキンクリア クレンズオイルは、主にファンケル美健 滋賀工場で生産されています。

生産拠点は違うようですが、アテニアはファンケルの工場内で生産されていました。

グループ会社であるなら、
成分などは同じ?
2つの違いは何?

そんな疑問も出てくるかと思います。

アテニアがファンケルの連結子会社ですし、ある程度技術の共有はされているかも知れません。

もし、似ているなら購入を検討しているときに、気になりますよね?

では、次の項で詳しくご紹介していきましょう!

アテニアとファンケル、クレンジングオイルはどっちを買うべき?違いは?成分比較

クレスチョンマーク

アテニア、ファンケルのクレンジングオイルの違いは?商品の特徴を比較

ではまず、商品の特徴の比較をしていきましょう!

それぞれの商品を下の表にまとめました。

比較ファンケルアテニア
内容量120ml175ml
価格1870円1870円
購入場所公式サイト、
オンライン通販サイト
全国ドラッグストア、
大手ショッピングセンター、
コンビニ等
公式サイト、
オンライン通販サイト、
実店舗(関東で14店舗)
香り無香料アロマタイプ/
無香料タイプ
テクスチャー粘度高め、トロッとした感じゆるめでサラッとした感じ
クレンジング力高い高い
W洗顔必要不要
効果洗顔によって
毛穴の汚れに効果
洗顔によって
肌を明るく見せる効果
濡れた手OKOK
マツエクOKOK
ファンケルとアテニアのクレンジングオイル 特徴比較

比較すると、

同じ点
クレンジング力、濡れた手OK、マツエクOK

なところでしょう。

違う点
購入場所、テクスチャー、W洗顔、クレンジング以外の効果

になります。

気になるコスパですが、計算すると、

ファンケルアテニア
内容量120ml 175ml
価格1,870円1,870円
コスパ15.5円/1ml10.6円/1ml
ファンケルとアテニアのクレンジングオイル コスパ比較

わずかですが、アテニアの方がコスパが良いみたいです。

ですが、使用量によっても個人差が出てくると思うので、あくまで目安にしてくださいね。

【成分】比較一覧

クレンジングオイルのボトル

商品ラベルに掲載されている主な成分を表にして比較してみました。

含有量多い順に記載されているので、

比較のために、表示順に成分を載せていきますね。

ファンケルアテニア
1エチルヘキサン酸セチル(エステル油)エチルヘキサン酸セチル(エステル油)
2ジイソノナン酸BG(エステル油)ジイソノナン酸BG(エステル油)
3ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10(乳化剤)ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10(乳化剤)
4オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20(乳化剤)オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20(乳化剤)
5ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20(乳化剤)ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20(乳化剤)
6グリセリン(保湿)グリセリン(保湿)
7トリデカンアッケシソウエキス(保湿)
8ジカプリリルエーテルシスツスモンスペリエンシスエキス(肌トーンアップ効果)
9メドウフォーム油ヘリクリスムイタリクムエキス
10(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリルアルガニアスピノサ核油
11ジフェニルシロキシフェニルトリメチコンバオバブ種子油
12ジグリセリン(保湿)レモングラス油(香料)
13ホップエキス(保湿)(毛穴洗浄効果)ベルガモット果実油(香料)
14チャ葉エキス(保湿)ビターオレンジ花油(香料)
15オニイチゴ根エキス(保湿)ラベンダー油(香料)
16ダイマージリノール酸ジグリセリン(保湿)
17ヒマワリ種子油PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン(保湿)
18BG(保湿)
19ペンチレングリコール(保湿)ジカプリリルエーテル
20PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン(保湿)トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
21PPG-2アルギニン(保湿)ダイズ油
22ステアリン酸イヌリンパルミチン酸アスコルビル
23(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル
24トコフェロール(製品の抗酸化)ステアリン酸イヌリン
25乳酸(pH調整剤)トコフェロール(製品の抗酸化)
26香料
27フェノキシエタノール(防腐剤)
ファンケルとアテニアのクレンジングオイル 成分比較

引用元:ファンケル公式サイト

引用元:アテニア公式サイト

上の表の内容を解説すると、

2社のクレンジング、成分まとめ
  • 上から6成分は同じもの
    成分表示のルールは、多い順に表示(配合量の1パーセントを超える部分)されるので、ベースとなる部分は、両者同じ成分でエステル油
  • 両者とも、エステル油でクレンジング後の肌の乾燥対策に、各々、保湿成分が含まれている。
    (配合量1パーセント以下の成分は順不同に表示されるため、配合量は不明)
  • アテニアのみ、香料を含有
  • アテニアのみ、フェノキシエタノール(防腐剤)を含有
    強力な防腐剤である、「パラベン」は両者とも入っていません。
  • アテニアには、シスツスモンスペリエンシスエキス(肌トーンアップ効果)を含有
  • ファンケルには毛穴汚れを浮かして除去する効果の、ホップエキスを含有

このことから、

  • 同じエステル油で両者とも洗浄力はほぼ同程度
  • アテニアは、香料、防腐剤が含まれていて、
    ファンケルはそれらは含まれていない(無添加)
  • アテニアは肌トーンアップ効果
  • ファンケルは毛穴の詰まりに効果

ということが成分比較から分かりました。

毛穴に効果的なのは?

ファンケル クレンジングオイル!

肌トーンアップに効果的なのは?

アテニア クレンジングオイル!

これらを踏まえて、私がどちらを選ぶかというと、、、

私ならどっちを選ぶ?その5つの理由とは

木製のハートのオブジェ

先にもお伝えしている通り、

今の私はアテニア派/

です。

アテニアクレンジングオイルの画像

meru40.com

正直、このファンケルとアテニアのクレンジングの二者一択ならばの話です。

どちらも優れたクレンジングオイルには違いありません!

究極の選択ですね。

もちろん、ファンケルのマイクレは若い頃からも何度も使ったことありますが、その上で、二つで比較するなら、今の40代の私には、アテニアということです。

個人差がありますし、私がアテニアを選んだ理由5つ、ここでご紹介しましょう!

私がアテニアを選ぶ5つの理由
  1. 年齢的に気になる肌トーンアップ
  2. 香りが癒し(→クレンジングタイムが楽しみ♪)
  3. ダブル洗顔不要!(→時短!)
  4. ちょっとだけコスパが良い(ファンケル:1mlあたり15.5円、アテニア:1mlあたり10.6円
  5. パッケージが断然おしゃれ(化粧品は気分上がるかどうかは大事)

※あくまで個人的な意見です

実際、ファンケルは、近所のドラッグストアやコンビニでも購入できるのがとても魅力的だと思います。

普段のお買い物のついでにゲットできるので、

自分のポイントを貯めているお店で購入すれば、メリットがあるでしょう。

それから、やっぱりファンケルの不要なものを含まない処方というのは良い。

お肌が敏感な人は、ファンケルがいいでしょう。

体調によって、肌が安定しない場合、

刺激の少ないものを使いたい時にも、ファンケルがいいかも知れません。

ただ、私の場合は、

乾燥肌ではありますが、花粉の時期以外は、肌の不調はそれほどありません。

しかも、これまで、アテニアで肌荒れを感じたことは一度もないので、

無添加という点は、今の所、私の中でそこまで重要ではありませんでした。

むしろ、無添加であるが故に、早く使い切らなければというプレッシャーが付きまといます(これは私だけかも?)

というのも、私は、いろんなコスメを試したいので、一つのアイテムを使い切るのに時間がかかりがち…笑

あとは、肌トーンアップ効果ですね。

アテニア独自の糖化による肌ステインを分解する効果があること。

また、購入場所も、私はオンライン購入に抵抗がないので、その点も問題なし。

これらが、アテニアのクレンジングオイルを選ぶ理由です。

私が実感できた、詳しいアテニアクレンジングオイルの感想は、

【アテニア】クレンジングオイルの口コミを考察!スキンクリア クレンズ オイルを試してみた感想という記事でまとめました。

きっとあなたの購入する際のヒントになるかもしれません。

アテニア、ファンケル それぞれおすすめな人は、どんな人?

クエスチョンマーク
アテニア クレンジングオイルがおすすめな人♪
  • コスパ重視
  • 香りで癒されたい人
  • ダブル洗顔が嫌な人
  • 肌をトーンアップしたい人
  • オンライン購入が苦ではない人
  • パッケージにもこだわりたい人

になります。あとは、私のように、使い切らなければいけないプレッシャーが嫌な人も入るかも?!

これに対して、

ファンケル マイルドクレンジングオイルがおすすめな人♪
  • 無添加派の人
  • 香りはなくても良い、むしろない方が良い人
  • 実店舗で購入したい人
  • 毛穴の詰まりを除去したい人
  • 洗顔とクレンジングは別々にしたい人

になります。

ちなみに、クレンジングと一緒に、毛穴の詰まりを除去したい人は、

DUOクレンジングバーム黒もおすすめです♪

私がDUO黒を試してみたレビュー記事がありますので、そちらも参考になるのでぜひご覧ください(^ ^)

【まとめ】似てると言われるファンケルとアテニアの違い、あなたはどっちを選ぶ?クレンジングオイルの比較!

電球の絵

この記事では、

アテニアとファンケルの
クレンジングオイル、

の違って何?

アテニアとファンケルって
同じ会社なの?

について、私の経験も含めてご紹介してきました。

保湿成分や有効成分の違いは多少ありましたが、ベースとなる6つの成分は同じものでした。

ですが、それぞれの会社によって商品のコンセプトが異なり、

効果やオススメな人も違います。

記事の中でお伝えしてきたように、

  • ファンケル マイルドクレンジングオイル
  • アテニア スキンクリア クレンズオイル

どちらのクレンジングオイルも素晴らしい!

両者とも芸能人や美容家たちの間で愛用者が多数いて、

口コミサイトの高評価や、多くのメディアやショッピングサイトでの受賞歴がその裏付けです。

その上で、あなたが選ぶ時は、あなたにとって、どの点が最優先事項か?

で選んでみてくださいね!

または、私の記事も購入の際、一つの判断材料にしてみてください。

今回の記事が、あなたの選択の一助となれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました